墓じまいとは?改葬とは?お墓の処分と引っ越しをご検討の方へ

墓じまいとは

「墓じまい」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。

 

「墓じまい」とは、法で定められた言葉でもありませんし、正式な言葉というよりも社会情勢の中で作られた言葉と言えます。

 

「墓じまい」とは一般的に、「お墓の処分」です。今あるお墓を更地にしてしまうことです。

 

しかし現在お墓に入っているご遺族の遺骨を処分することはできませんので、ただ単にお墓を処分するという意味だけではありません。

 

「現在あるお墓を処分し、お墓の中の遺骨を他の場所に移す」いわゆる「改葬」という流れが基本でしょう。

 

ではオーソドックスな「墓じまい」のパターンですが、大きく2つに分けられると思います。

 

お墓の引っ越し

新しくお墓を用意し、そこにご遺族の遺骨を移すというパターンです。

 

なぜお墓の引っ越しが必要なのでしょうか。

 

ケースによって理由は様々ですが、もっとも多いのが「お墓が遠方にあるから」でしょう。

一族のお墓が九州にある。しかし親族達が現在在住している場所は関東地方である。今後も生活の拠点を九州に戻すつもりはない。

 

こんなケースですと、法要やお墓参りは毎回関東地方から九州地方へ行かなくてはなりません。旅費や日数もかなりの負担となります。

 

法要は継続的に行うわけですから今後ずっとその負担は続くわけです。

 

そんな場合は思い切って現在あるお墓を「墓じまい」して、関東地方に新たなお墓を建立する。そんな方が増えています。

 

新しくお墓を作らない

現在あるお墓を「墓じまい」するが、新しいお墓を立てないというパターンもあります。

 

永代供養墓に遺骨を入れてもらったり、散骨したりすることです。

 

ここでもオーソドックスなパターンを紹介します。

 

永代供養墓

永代供養墓とは、事情によりお墓を管理することができない方等のご遺族の遺骨を入れてもらう共同のお墓のことです。

 

永代供養墓に入れてもらうにはお金を納めることが必要ですが、一度納めてしまえばその後はほとんど費用がかからないという取扱いが多いようです。

 

しかし「永代」とは言っても、霊園自体が無くなってしまえば遺骨がどうなるかはわかりません。その点で不安は残ります。

 

散骨

遺骨を海等に撒いてしまう「散骨」という方法もあります。

 

散骨については明確な法律がなく、現在は手続き等も必要ないとされています(一部自治体による条例あり)。しかし、散骨を行うには遺骨を粉状にする「粉骨」という作業を行わなければならず、骨のまま撒くことは許されません。

 

また、好きな場所に散骨をすることも制限され、他人の土地や使用権限のある海上やその付近でも行ってはならないと言われています(トラブルとなるため)。

 

墓じまいを考えるにあたって

墓じまいを考える場合、まずは自分ひとりで決めるわけにはいきません。

 

もちろん親族が自分一人しかいない場合でしたら可能でしょうが、お墓に関することは親族の意向も聞かなければなりません。

 

自分の意向で墓じまいをしてしまい、他の親族が知らなかったとしたら大きなトラブルに発展することは間違いないでしょう。

 

関係者全てに話を伝え、全体の決定で墓じまいを決めることが必要です。

 

費用の算定をする

墓じまいを行う決心がついたら、費用を考えなければなりません。

 

ここではお墓の引っ越しをするケースを挙げますが、お墓の引っ越しには手続きだけでもかなりのお金がかかります。墓じまいの手続きだけでも100万円以上、新しいお墓を用意するのも150万円程度は必要です。

 

しかし今後の親族のためにも必要という場合でしたら、親族で分割して費用を用意することもできるでしょう。

 

墓じまい(改葬)の流れ

それでは墓じまいを実際に行うと想定した場合の流れについてお伝えします。それぞれのケースにより多少違いはありますが、一般的な流れを考えてみました。

 

今ある墓地の管理者に墓じまいの旨を伝える

順序は決まっていませんが、早めに墓じまいの旨は伝えた方が良いでしょう。お墓を移転する場合、今ある墓地の管理者から埋葬証明書(納骨証明書)をもらうことが必要となります。

 

新しいお墓を用意する

自分の家族や親族が納得できる場所にお墓を用意することが必要ですが、公営墓地や民営墓地などでも費用が大きく変わります。また、墓石をどうするかでも費用は変わるのでよく検討しましょう。

 

一般的な墓石を使用し、公営墓地を選択した場合だと150万円~200万円程度かかると言われています。これが最も安い方法でしょう。

 

後継者がいない場合等は永代供養墓などに合祀してもらったり、散骨したりすることもできます。その費用についてはそれぞれ違いますが、新しくお墓を建てることと比べれば費用の負担は軽くなります。

 

遺骨を移転するには新しい霊園や寺院から受入証明書をもらうことが必要となります。移転先が決まったら早めに入手しておきましょう。

 

改葬の許可をもらう

改葬には市町村の許可が必要です。市町村から許可を得るには、窓口に受入証明書と埋葬証明書とともに埋葬許可申請書を提出しますが、埋葬許可申請書の様式は市町村によって違うため、注意が必要です。

 

また、散骨の場合だと許可してくれない自治体もあるようなので事前に確認が必要でしょう。

 

閉眼供養を行う

閉眼供養を行い、遺骨をお墓から取り出します。その際には市町村長の改葬許可書が必要となります。また、僧侶に納めるお布施も必要となります。数万円~10万円程度と考えておくと良いでしょう。

 

離壇を行う

寺院墓地の場合、檀家をやめる「離檀」という手続きが必要となります。その際は離檀料が必要となることが一般的です。離壇料は寺院によって違いますが、お布施という形で10万円程度納めることが多いようです。

 

しかし高額な離壇料を請求されるトラブルもあるため、墓じまいを相談する際には事前に離壇料を確認しておくことも必要でしょう。

 

墓石等を片付ける

墓石や納骨スペース等を更地に戻すため、石材店の協力が必要です。この費用は墓地の大きさや墓石の作り等によって大きく差があるため、一概にいくらかかるとは言えません。1㎡あたり10万円程度とも言われています。

 

また、墓石を移動して新しい墓地に移す場合は必ず新しい墓地の管理者に墓石の異動が可能かどうかを確認しておきましょう。墓石の異動は受け入れない墓地もあるようです。

 

開眼供養を行う

お墓の引っ越しの場合は新しい墓地で開眼供養を行います。ここでもお布施が必要となります。

 

遠方からの引っ越しの場合、僧侶も新しい墓地の方に変わるでしょうから相場もずれることがあるかもしれません。「みなさんのお布施はいくらぐらいでしょうか?」と相場を聞いておくと僧侶の方も答えやすいと思います。

 

墓じまいや改葬は大変だけど代行させることもできる

以上、墓じまいや改葬の流れをざっと説明してきましたが、「思ったより大変だなー!」と思ってしまったかもしれません。しかし、その手続きを全て自分自身でやる必要はありません。墓じまいの代行業者はいますし、手続きを引き受けてくれる行政書士などの専門家もいます。

 

全て自分で手続きを行えば費用負担は軽くなりますが、精神的負担は重くなります。

 

埼玉墓じまい・改葬相談センターでは、行政書士が窓口となり、墓じまいの手続きをサポートします。

料金一覧ページへ

市町村提出書類代行、複数社への見積もり依頼、霊園等への費用確認等、手続き面で大幅にご依頼者様の負担を軽減させます。

 

墓じまいや改葬をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

タイトルとURLをコピーしました