墓石の引っ越しは難しい?まずは移設を許可してくれる寺院や霊園を探そう

改装

今あるお墓を閉鎖する「墓じまい」といってもその後は遺骨をどうするかには色々な選択肢があります。永代供養墓の取り扱いがあるお寺や霊園を探す、遺骨を自宅で保管する、はたまた散骨してしまう、等。

 

しかしすでに新しいお墓に入れるために今あるお墓を撤去する方向でお考えの方も多いでしょう。

 

お墓の引っ越しをお考えなら

現在、檀家制度を廃止し、旧来の制度から革新を図って新しい道筋を立てている寺院も増えてきています。

 

一方、旧来の制度を敷いたまま経営状況に明るさを見いだせていない寺院等では、今いる檀家さんにより大きな負担を求めるのも当然と言えます。

旧来のお寺の制度では、今後ますます厳しくなっていくことが予想されています。それほど現代の「お墓離れ」は進んでいるのです。

 

基本的にお墓の管理にかかる費用は継続性があり、自分が目にすることはないであろうひ孫以降の代にも負担は続いていきます。それならば思い切って自分の代で過分に費用がかかるお墓を見直そうとお考えの方も多くいます。

 

お墓の引っ越しのパターン

基本的な墓地と墓石は持ちたい。しかし他と比較した自分のお墓の管理費や維持費、お布施の相場などが高かった場合は「お墓の移設」を考えるでしょう。この場合の移設とは、現在ある墓石のスタイルはそのままに、墓石がある場所を引っ越すということです。

すると選択肢は大きく分けて2つあります。

 

①墓石自体を移設する

②墓石を新たに立て直す

 

この2つを考えるにあたって、まずはじめに検討しなければならないのが「場所」ですよね。

 

しかしもう一つ念頭に入れて置かなければならないことがあります。

 

それは、「墓石自体の移設を認めてくれるところが少ない」ということです。

 

墓石の移設作業の概要

まず、墓石の移設というのは大変な作業となります。

 

今ある墓石をクレーン付のトラックで荷台に乗せます。墓誌などもあれば当然共に移動します。

 

そして墓石の下にある「納骨室」から墓石を取り出し、納骨室を閉鎖します。(納骨室は周囲をコンクリートで固められたスペース)

 

墓石の撤去と納骨室の閉鎖が終わったらきれいに更地に戻します。ここまでで今あるお墓の撤去は完了です。

(今説明したのは造作のみの手続きであり、閉眼供養や改装許可手続き等は除きます。)

 

そして今度は墓石の移動です。新しくお世話になる寺院等へ墓石をトラックで運搬します。

 

そして確保してある自分のお墓のスペースに納骨堂を準備し、墓石を乗せます。

ここまでで新しい寺院等での作業が完了します。

 

墓石の移設は難しい

今説明した作業工程で一番問題となるのが「墓石を新しい場所へ持ち込むこと」です。従前の墓地から墓石を撤去することは当然許されます。撤去しなければ新しいお墓を建てられませんからね。

 

その逆、「墓石を持ち込んで設置すること」については許してもらえない場所が大変多いのです。

 

私もご挨拶に伺った寺院等で墓石自体の移設の可否を確認することがあるのですが、墓石の移設は認めていないと言われてしまうことがよくあります。

 

特に「霊園」であった場合、ほとんどが墓石の移設を認めてもらえないと考えたほうが良いでしょう。

寺院である場合、住職により墓石の移設を認めてくれるところは存在します。今後その流れは広まっていくことでしょう。しかし霊園については寺院よりもまだまだその可能性は低そうです。

 

石屋さんに伺っても、やはり霊園への移設はどこも断られてしまうとのこと。寺院だと認められることが多いようです。

 

墓石の移設をお考えの方は

ということで、絶対に事前に確認しなければならないのが「墓石の移設の可否」です。

 

お墓を引っ越す場合、手順としてはまず現在のお墓のある場所の管理者に引っ越しの旨を伝えることが一般的となりますが、墓石を移設しようと目星をつけていた場所が受け入れしてくれないとなると話は変わってきます。

 

急遽墓石の新設を考えるか、引っ越し自体を断念しなければならなくなってしまう可能性だってあります。

 

一般的には同ランクの墓石で考えれば新しく墓石を建てるより、墓石を移設するほうがコストは安くなります(ただし墓石の移設距離などにもよる)。ケースにより大きく変動があるため一概には言えませんが、撤去や移設にかかる費用は30〜50万円程度が相場でしょうか。

 

移設と新設の費用の差が100万円以上でてしまったら一旦白紙に戻すことも考えなければならなくなるでしょう。

 

そのため、墓石自体も移設しようとしている方は、目星をつけた場所が墓石の移設を受け付けているか否かの確認を必ずしておきましょう。

そして移設をお願いしようと思っている石屋さんに移設にかかる費用の見積もりをもらっておきましょう。

 

 

お墓の引っ越しをスムーズに進めるのはなかなか大変です。

 

順序や確認点を予め考えておくことがスムーズなお墓の引っ越しにつながるはずです。

 

※埼玉墓じまい・改装相談センターでは、離壇の申し込みから、墓地・業者選定、新しい墓地での手続きまで、ワンストップで行えるよう努めています。まずはご心配なことをご相談ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました