散骨の注意点とは?【条例・場所・粉骨etc…気を付けるべきポイント】

散骨

「散骨」とは、従来のように骨を骨壺に入れてお墓の下に保管するのではなく、骨を海やその他の土地に撒くことを言います。

 

現代の自然思想や自己実現を尊重する流れから、散骨を希望する人も増えていると言われています。

 

しかしこの散骨。一般人がなんの知識もなく行ってしまうとトラブルとなるばかりでなく、最悪逮捕されてしまうおそれもあるのです。

今回はこの「散骨」について、一般の方が行うための知識と守るべき注意点をお伝えしていきます。

 

散骨は合法か違法か?

散骨は法で認められた埋葬方法なのか。これは気になるところです。しかし散骨が実際に行われているところからも当然合法と思う方も多いでしょう。

 

しかし、この散骨という埋葬方法は法律に定められていません。「墓地、埋葬等に関する法律」では、埋葬とは「土中」に葬ることしか定義されていないのです。

 

 

それでは違法なのか。法律に定められていないということはとりあえずは「合法」と考えて良いのでしょうか。

 

散骨の違法・合法を検討するときに、1991年に法務省が「節度を持って行えば違法(死体遺棄罪)ではない」旨の見解が持ち出されます。

 

しかしこれを公式に認めて良いかということには判断が分かれており、争いがあるところです。

 

いわば法的にはグレーゾーンとなっているわけですが、散骨について明らかに定められているものもあります。

 

散骨条例を設置している市町村

散骨について制限を掛けている市町村がいくつか存在しています。例として北海道岩見沢市の条例を紹介します。

 

岩見沢市の条例ではまず、

散骨は、散骨場以外の区域において、これを行ってはならない。

とあり、

散骨場以外の区域において散骨を行おうとする者は、あらかじめ、その旨を市長に届け出なければならない。

とあります。

 

また、

市長は、散骨場以外の場所で散骨を行う届出があった場合において、当該届出に係る散骨を行うことがこの条例の目的に照らし相当でないと認めるときは、その届出をした者に対し、当該届出に係る散骨に関し区域の変更その他の必要な措置を採ることを勧告することができる。

ともあり、散骨についてある程度の制限がかけられていることがわかると思います。

 

その他、散骨について何らかの制限がある市町村としては、

北海道長沼町、北海道七飯町、長野県諏訪市、埼玉県本庄市、埼玉県秩父市、静岡県御殿場市、静岡県西伊豆町、静岡県伊東市、静岡県熱海市、神奈川県湯河原町などが挙げられます。

また、東京都では散骨を行うについては自治体に確認をとることを推奨されています。

 

 

トラブルになる可能性も?

法令で明確に散骨が禁止されていなくても、不法行為として損害賠償請求の対象となる可能性はあります。

 

例えば、人の土地に散骨してしまった場合です。

 

人の土地に許可なく踏み入った時点で不法侵入罪に問われる可能性もありますが、侵入しなくても散骨したことで土地所有者の不利益になることは多々あるのです。

 

その場所が農地だった場合、散骨した場所で採れた作物に良いイメージを持つ方は少ないでしょう。また、そもそも見ず知らずの人の骨が自分の土地に撒かれることを受忍する人はほぼいないと言えますね。

 

土地に散骨をする場合は、自分所有の土地にするか、必ず許可を得るようにしなければなりません。

 

「粉骨」作業が必要

焼いた骨をそのまま撒くことは許されません。墓地、埋葬等に関する法律の第4条では「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」とされています。

 

そのため、散骨を行うためには必ず「粉骨」にする作業が必要と言われています。

 

粉骨とは、骨を粉状にすること。粉骨業者で数万円~で行ってもらえます。

 

粉状にした骨が「焼骨」にあたるかあたらないかは明確ではありませんが、刑法190条の「遺体遺棄罪」に問われないためにも最低限「骨とわからない形状」である粉骨にする必要はあります。

【参考】刑法第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する

 

 

「最も安全な散骨」の方法とは?

散骨がグレーゾーンとは言っても、今まで節度を持った散骨での逮捕者は出ていないそうです。

 

ということで、散骨を希望されるご本人やそのご遺族は「節度を持った散骨」を心がける必要があります。

 

それでは、「節度を持った散骨」とはどのようなものかまとめてみましょう。

 

 

事前に条例を確認する

散骨に関する条例はその土地によって制定されているところとないところがあります。必ず事前に確認しましょう。また、直接的に条例で制定されていなくてもその他の条例や注意喚起がされている市町村もあります。

 

必ず粉骨処理を行う

そもそも亡くなった人をお骨にするにはご遺体を焼かなければなりません。そして焼いた骨は必ず「粉骨」すること。そのままの状態で土地埋めてしまった場合は「遺体遺棄罪」に問われてしまいます。

 

できれば海に撒く

土地に散骨をする例もありますが、土地に散骨した場合はやはり先ほどの遺体遺棄罪のグレーゾーンに入ってしまいます。また、土地所有者や近隣住民とのトラブルも十分に考えられます。

 

可能であれば海に撒く方が無難でしょう。

しかし海だからどこでも良いかと言うとそうではありません。海上には養殖を行っているイケスや船を停泊させているマリーナ(小規模の港)もあります。その付近で散骨をしてしまうとやはり損害賠償請求をされるリスクが高くなるでしょう。相当程度離れた場所が良いでしょう。

 

海上で散骨を行うために船を出してくれる業者もありますので、そういったサービスを利用しましょう。

「粉骨して骨とわからないように陸から相当程度離れた海に撒く」

これが一番トラブルが起きない散骨方法と言えるでしょう。

 

しかし人によって宗教観や希望は異なるものです。希望の地に骨を撒いてもらうことが散骨を希望される方の一番望まれる事だと思いますので、今まであげた注意点を参考にしていただき、自然に還られた方が心休まるような散骨を心がけてください。

 

 

埼玉墓じまい・改葬相談センターでは、行政書士が窓口となり、墓じまいの手続きをサポートします。

 

市町村提出書類代行、複数社への見積もり依頼、霊園等への費用確認等、手続き面で大幅にご依頼者様の負担を軽減させます。

 

お問い合わせは下記よりお願いします

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました